TOP
開催情報

天川村洞川温泉「山上川灯りプロジェクト」

2018年1月27日(土)奈良県吉野郡天川村洞川温泉 山上川/龍泉寺 -6℃(午前9時)
天川村洞川温泉「山上川灯りプロジェクト」

大峰連峰が見渡せるほどの快晴。同プロジェクトの準備も順調に進み、天川村役場・洞川区・観光協会・旅館組合などの地元有志連合の方々の協力で当日を無事迎えることができました。

2018012701 2018012702
2018012703 2018012704
2018012706 2018012705
2018012707  2018012709
2018012708

 

午後3時から護摩木(いのり星放流券含)の受付が始まり、午後5時より龍泉寺による内陣護摩焚きを合図に、境内の古池にいのり星が順次放流され、池と本堂などで構成される龍泉寺に青い光が徐々に満ちてくる。一般参加の方々も山系からの湧水「龍の口」前に設けられた放流場所より一つ一つ祈りを込めて放流する様は、霊峰大峰山系が優しく受け止めいるように感じます。龍泉寺古池から発した湧水は山上川に注ぎ、いのり星を青く光らせ、一筋の光の帯を描き始め、徐々にその数を増やしながら渓流特有の水の流れを「青の光」を通じて可視化する。夜の帳も降り、いのり星の青い光が川面の積雪に反射し、川面全体を薄く浮かび上がらせ、水の流れと川辺の景観を一層浮き上がらせているように見える。

2018012710 2018012711 
2018012712 2018012716
2018012714 2018012713 2018012715

山上川を彩るいのり星の青の世界の一方で、大峰講の宿場としてその歴史は古く、参道両側には行者の宿として純和風木造建築の旅館や民宿が軒を連ね洞川温泉郷を形成している。青から一転して和風の暖色系行灯や提灯、両側の旅館から参道に漏れる灯が独特な景観を創り出している。
大峰連峰山上岳を源に発する名水百選「ごろごろ水」が創り出す水系、古くから大峰講が形成してきた純和風木造建築の温泉郷、そして光が交わい溶け合った時間が創り出すした「特別な夜」となつた。

2018012718 2018012717
2018012719 2018012720

« :前の記事

次の記事: